BAYCAMP HISTORY

BAYCAMPは、2010年の夏の終わりに、1997年フジロック以降の大型ロックフェスにちょっとだけうんざりした大人達有志が、ロックから受ける衝動的なドキドキとワクワクを体感出来る、新たな尖ったロックイベントを首都圏で開催したいという意思のもと、ベイエリアを拠点に年に2回、冬は屋内・夏は野外でしかもオールナイトでというコンセプトでスタートさせる。
その第1弾イベントは2011年2月11日(土)にディファ有明にて『BAYCAMP 201102』として8時間ぶっとおしで開催。一部のロックファンには、刺激を与える手応えを感じつつ終了。そして3月の震災の影響もあり、開催が出来るか危ぶまれる中、川崎市を始め、様々な方の協力のもと、新天地・川崎市東扇島東公園にて、2011年9月10日(土)『BAYCAMP2011』 を首都圏初の都市型・野外オールナイト・ロック・イベントとして開催するにいたる。快く賛同してくれた日本のロックシーンを代表するアーティスト達と会場である東扇島東公園周辺の素晴らしいロケーションにも助けられ、15時間に及んだこのイベントは、大盛況のうちに終了。BAYCAMPの名がロックファンに本格的に足跡を残した。
さらに2年目に突入した2012年冬のBAYCAMPは引き続き川崎の地にて、2月11日(土)『BAYCAMP 201202』をCLUB CITTA’にてオールナイト開催。今後の日本のロックシーンをリードしていくであろうアーティスト達のラインナップに反響を受ける。
そして2年目の夏は、再び東扇島東公園にて9月8日(土)『BAYCAMP 2012』を開催。イベント自身初のチケットソールドアウトと大盛況となった。2013年に突入し、3年目の今年2月2日(土)『BAYCAMP201302』をCLUB CITTA’にて開催。冬最高動員を記録する。そして、この夏3度目の野外オールナイト・ロック・イベント『BAYCAMP 2013』を開催する。昨年の経験を活かし、さらなるドキドキとロックの発信を目指し、プロジェクトはスタートする。